【テクノロジーコラム】タイムレコーダーを分解してみる(アマノ製BX2000)

様々なご縁をいただき、このスマート・タイムレコーダーのサービスをご提供させていただいておりますが、 いつかは、タイムレコーダーの歴史にも触れてみたい。。そんな思いが弊社ラボで実現しました!

出退勤管理の必須ツールとして、日本の会社の風景して定着しているタイムレコーダーですが、

Wikipediaによると、19世紀のアメリカで発明されたと記されています。

そして日本では、アマノ株式会社の創業者である天野修一氏が1931年にタイムレコーダーの製造を行う天野製作所(現在のアマノ)を設立して、普及が始まったとあります。

 

従来型のタイムレコーダーの代表格がアマノのBX2000です。

Amazonでも2003年から取り扱っているなど、製品発売から相当年数が経過していますが、現行機種としてまだ販売されています。ヤフオクなど中古市場にも多数出回っています。

 

今回、弊社ラボで実機(中古品)を入手しましたので、ご紹介します。

 

外観

アナログ表示のわかりやすい大きな時計がひときわ目立ちます。
弊社のタイムレコーダー(写真左)と並べて見ると、写真のような感じになります。
 

 

上蓋を開く

上蓋を開けると、時刻設定などができるようになっています。ここには液晶画面があり、処理のロジックはデジタル仕様であることがわかります。サマータイムの設定も可能です。しかし、外観は古くからのユーザーにもなじみ深い、昔ながらのシンプルなタイムレコーダーに徹しています。

 

 

分解

さて、分解します。

 

ネジ2本で開けられる造り

補修をしやすくするために、ホームセンターで売られている標準的なプラスドライバーを使い、わずかネジ2本で裏蓋が開けられるようになっています。なお、古くなった機器のネジ外しは、プラスティックケースにヒビが入るおそれもあるため、潤滑剤を少量吹き付けて慎重に行いました。

 

裏蓋を空けると、タイムカード搬入機能、印字機能などの機構部があり、「打刻専用の小型プリンター」と言えます。

 

印字機能部分には交換可能なインクリボンカートリッジが装着され、消耗品としてユーザーが簡単に交換することができます。

 

タイムカードは下側に凹部があり、この位置を検知することで、表裏の間違いを防ぎます。

 

こんな風に動作します。

 

実際には安全装置が付いていて、上蓋を閉めないとタイムカード搬入機能は動作しません。

 

3種類のタイムカード

なお、タイムカードは専用用紙が給与計算の締め日によって3種類用意されています。こんなところにきめ細かさが感じられます。

 

 

電源部

電源は日本の100Vだけでなく、ジャンパー線(乳白色の細い線)を付け替えることで海外の110-120V、230-240Vに対応するようになっています。

 

予備のヒューズ

表側(アナログ時計側)の裏には、電源のヒューズの予備が付いており、補修の手間を軽減しています。

 

分解を終えて

当時の設計のために、ネットワーク接続機能はなく
また、時計も電波時計対応ではないため、月に1回程度の時刻合わせが必要になりますが、
そうした古さはさておくとすると、安全性、頑丈さ、保守の容易さなど様々な知恵が詰め込まれた、完成度の高い感動的な製品であると思いました。ロングセラーになっている理由もここにあると思われます。

 

 


【ニュース】「リテールテック JAPAN 2018」SORACOMブースに出展しました!

SORACOM様のブースでTeamSpirit専用スマート・タイムレコーダー APPS PASS SORACOM版を展示いただいております!
お隣がWeChat Pay端末、など、SIMを搭載した興味深い機器が多数揃っております。
またAPPS PASSの端末のベースとなっております スマート・ソリューション・テクノロジー様のブースもお近くにございます。
2018年は3月6日〜3月9日までの開催となります。ぜひお立ち寄りください!

【活用コラム】「新入社員のICカードの紐付け方法、どうやるんでしたっけ?」

 

APPS PASSをご契約いただいて、最初にやっていただくことは、

 

「TeamSpiritの社員情報とICカードとの紐付け」

 

になります。

 

ただ、ご導入から少し時間が経ち、たとえば今の時期ですと、新入社員の方が増える際に、

 

 

「あれ、どうやるんでしたっけ?」

 

 

というご質問を想定しまして(まだ来ていません汗)

その記憶を呼び覚ます動画を撮りました。

 

これからご検討の方にも「なるほど!」とイメージいただけるかと思います。

 

なお、たくさんのICカードの番号を1度に登録できますか?というご質問もいただくのですが、

ICカードの番号を自社で持っていらっしゃれば、Salesforceのデータローダーというツールを利用して可能です。

(詳しくはお問い合わせください!)
またカードの紐付けを替えたい!場合は、違うカードで紐付けを行えば、変更できます。
(変更しますか?というメッセージがでます)

 

春らしい感じになってきましたが、4月の準備、がんばりましょう!


それゆけ! APPS PASS Admin部 第一回『クラウドサービスの申込書から「会社の住所」とお申込者の「役職」と「部署名」と「ふりがな」と「個人のメールアドレス」と「会社の印鑑」と「記入日」とを取り除いたら・・・』

みなさんこんにちは! APPS PASS Admin部です。

 

少しずつ増えてゆくAPPS PASSのお客様(感謝!)

 

そんな中、私たちAdmin部では、今までのAppExchangeアプリの経験と、

会社のシステムであるSalesforce+AppExchange(TeamSpirit+PhoneAppli+APPS PASS+freee)+freeeを活かし、

利用者の皆様へのスムーズなサービス提供をはじめ、

私達社員がいかにスムーズにお仕事ができるか、

そして、いかにOFFICE系の業務を排除し、UIのみで作業できるか、など、

サブスクリプション・ビジネスを成功させるために、日々考えて、実践しています。

 

そんな姿をBLOGという形でご紹介してゆきます。

 

APPS PASS Admin部の第一回の投稿は

 

『クラウドサービスの申込書から「会社の住所」とお申込者の「役職」と「部署名」と「ふりがな」と「個人のメールアドレス」と「会社の印鑑」と「記入日」を取り除いたら・・・』

 

です!

 

まずは私達APPS PASSの発注書の雛形の冒頭を御覧ください。

 

今までのサービス運営の中で実は、ずっと思っていました。

申込書の、ほとんどの項目は、いらないんじゃない? かと。

使ってないんじゃないかと。そこで、、
---
「会社の住所」・・思い切って取り除きました。 理由は、どうせ変わるから、都度変えるのも面倒だし、郵送するものも、もうないから。
---
「役職」・・常に変わるから。変わってもわからないし、役職を使うことは、ないから
---
「部署名」・・変わるから、変わってもわからないし、部署名を使うことは、ないから。
---
「ふりがな」・・多少のやり取りが発生すれば、よめないことはないし、だいたいメールアドレスで推測できるし、そもそも使わないから
---
「個人のメールアドレス」・・お申込者のメールアドレスにすると、いつ異動でいなくなるかわかりづらいため。 あくまで恒久的な連絡先のメールアドレスを聞くと、ほぼメーリングリストを書いてくれます!
---
「会社の印鑑」・・確固たる根拠はありませんが、発注書のメールの文章自体をエビデンスとすることで「代表がそれで良い」とリスクを許容してくれるから。
---
「記入日」・・契約開始日以外の日付を使わないから。
---
そんなことを反映したら、こんなにスッキリしました!
そして、サービス開始から、本日現在24社の、確実に当社の何十倍もある会社様にご提供をさせていただきましたが、
果たして結果はどうなったか、、、

 

と、、

 

言いますと、、、、、

 

まったく、何も、、、何一つ、、、発注時に問題は起きませんでした。。。。

 

はい。。契約もその後のサポートメールも2年めの更新も、ID追加も、お知らせメールも、Salesforceのメール配信機能とワークフローと契約機能、freeeの請求書・見積書(メール送信)機能で、いまのところ日々何事もなく、回っています。。

 

これでお客様や当社のいくつかの見えない業務が、改善、ではなく、それ自体消えてなくなった!、と実感できています。

 

やはり、消えてなくならないと、(改善とかでは)どこかでは消えてもやはり誰かが増えてて苦労していたりするんですよね。

 

今後は、お金を使って、この項目を電子フォーム化したり、その場でクレジット決済もできるようにしたり、 あとはZuora社に代表されるサブスクリプション専門のAppExchange (憧れ!)を入れたりして、
どんどん、Adminの業務自体を消すことが、APPS PASS Admin部の目下の目標でありますが、
第二回の投稿だけは消えてなくならないようにします。

【ニュースリリース】TeamSpirit専用 ICカード・スマートタイムレコーダー『APPS PASS』の端末画面機能がバージョンアップしました。

 

 

 

 

株式会社アップス・アンド・パートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:花戸 俊介、以下アップス・アンド・パートナーズ)は、勤怠管理クラウドサービスTeamSpirit(株式会社チームスピリットが提供)専用のICカード・スマートタイムレコーダー『APPS PASS』がバージョンアップし、 端末画面の機能が強化されたことを発表しました。

 

〜〜『APPS PASS』の端末画面の機能強化 〜〜

■イメージ

■打刻画面の表示選択機能

TeamSpiritの勤怠表の利用状況に応じて 休憩や公用外出の表示・非表示ができるようになりました。

■出社/退社の自動戻し&自動切替機能

指定時間内で強制的に出社または退社に戻す「自動戻し」に加えて、指定時間に切り替わる「自動切替」ができるようになりました。

 

APPS PASSは引き続き皆様の勤怠をスムーズに記録できますよう、利便性を高めてまいります。
今後ともAPPS PASSをどうぞよろしくお願い致します。

APPS PASS製品紹介ページ

『APPS PASS』は、スマート・ソリューション・テクノロジー社製「ピットタッチ・プロ2」を端末として使用し、ユーザーがICカード等を端末にかざすことで、出退社打刻や休憩・外出時の打刻を行い、打刻データをTeamSpiritに自動連携することができます。

本日現在 24 社様、59 台のスマート・タイムレコーダー(うち 9 台はSORACOM Air版)、3,354 枚のICカードでご活用いただいております。

 

ICカード・クラウドタイムレコーダー APPS-PASS
ICカード・クラウドタイムレコーダー APPS PASS
SORACOM Air対応
SORACOM Airをケース内部に設置

<株式会社アップス・アンド・パートナーズについて>

株式会社アップス・アンド・パートナーズは、Salesforce AppExchangeのクラウドサービス事業化支援に特化したビジネスコンサルティング企業で、2014年10月に設立されました。現在までの支援社数はsalesforce.com, Inc. 投資先企業を中心に10社を越え、支援先のクラウドサービスを日本国内だけでなく、シンガポール、中国、台湾などアジア地域での展開も支援しています。

http://apps-p.com/

 

 

<TeamSpiritについて>

TeamSpiritは800社、100,000人に利用されている勤怠管理/工数管理/経費精算/電子稟議をセールスフォースのクラウドで一体化したサービスです。「働き方改革」プラットフォーム のコンセプトのもと、面倒な事務作業を劇的に減らし、タイムレポートによるタイムマネジメントを実現することで社員の生産性を劇的に向上し、クラウドとモバイルの活用で時間と場所にとらわれない新しい働き方を実現します。
https://www.teamspirit.co.jp/

 

 

【本件に関するお問合せ先】

株式会社アップス・アンド・パートナーズ 担当 花戸(はなと)

TEL:03-6860-8278 e-mail: press@apps-p.com

 

*チームスピリット及びTeamSpiritは株式会社チームスピリットの登録商標です。
*Salesforce、Chatter、Sales Cloud、Service Cloud、Marketing Cloud、Salesforce Work.com、AppExchange、Salesforce Platform、および関連する全てのロゴは、salesforce.com,inc.の商標です。 
*ピットタッチは、株式会社スマート・ソリューション・テクノロジーの登録商標です。 
*その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。

 


【働き方コラム】 第四回「シリコンバレーのもう一つの姿」

こんにちは。トーマスワンです。

 

4回目はシリコンバレーの会社のもう一つの現実を説明しましょう。

 

日本で問題になるような長時間労働や有給休暇が取りづらい雰囲気、夕方早く退社する際の申し訳なさなどのしがらみが無いのは素晴らしいと思います。

 

その一方、仕事の成果が上司(あえて”ボス”と書きます)によってドライに評価されます。どんなに人柄が良くても、どれだけ協調性があっても、どれだけ努力をしても、結果がある一定の期間内に見えてこなければ、昇任や昇給しないばかりか、仕事自体を失うことになります。

 

そういう場面は急速に訪れるものです。例えば、ある日ボスとの面談で、自分のポジションが無くなったり、他の人に代わることを知らされ、事実上の解雇を告げられるのです。ボスはそのボスによって同様に成果を上げられるように求められているので、成果を出さない部下を雇用していると自分にもリスクが及ぶため、決断は早いです。

 

成果を上げられなかった理由は様々で、スキルとポジションのミスマッチ、ボスとのコミュニケーションのすれ違い、取引先の環境変化によるものなどがあります。

 

仕事を失うリスクは、成果がうまく上げられていないという理由だけではありません。景気の悪化や事業部門の低迷、企業買収などの自分ではどうにもならない理由でやってきます。私の親しい同僚も、長い社会人人生の中でそうした体験を一度と無く体験しています。アメリカで働くとはそういうことなのでしょう。
 
アメリカでは、ある会社で成果を上げられなかったとしても、それで失敗の烙印がつくようなことはありません。日本のように退職をネガティブにとらえ、その理由を根掘り葉掘り聞くようなこともしません。幸い、人不足のシリコンバレーでの職探しはあまり長期化しないでしょう。

 

こうしたリスクに対応するため、大半の人が職務経歴書を常時アップデートしています。最近では、LinkedInの自分のプロフィールを転職活動に活用することが一般的になっています。


日本では履歴書や職務経歴書を常時メンテしている人は多くないと思いますが、アメリカではLinkedInを使って、むしろ積極的に自分を売り出しています。その背景には、失職が多く、転職を前提とした人生計画が求められていることが大きいのです。

 

そのLinkedInもIT企業が集中するシリコンバレーのサニーベル市に本社がある

 

 


【テクノロジー】APPS PASSの信頼性を高める2つのポイント

お客様に安定したサービスを提供するために、APPS PASSはハードウェアとシステムについては、次の2つに力を注いでいます。

 

【信頼その1】故障の原因が少ない打刻機で長期間の利用を実現

 

従来型の打刻機は、印字機能に代表される動作部分があります。動作部分があると、モーターやリレーなどの部品が必要となり、これが経年劣化を起こして故障の原因となります。


これに対して、APPS PASSの打刻機は、ICカードのみの対応ですから、モーターなどの駆動部品もなく、故障の原因となる動作部分はありません。従来型の打刻機に比較すると故障のリスクは少なくなります(表示パネルに採用している液晶には寿命があります)。
また温度変化の少ない室内環境(摂氏0〜40度)での利用をお願いいたします。

 

【信頼性その2】クラウドサーバーの採用で安定した運用を実現

 

APPS PASSのシステムは、信頼性が高いクラウドサービス上で動作しています。

専用のサーバー設備に比較して、サーバー故障やOSのメンテナンス作業などが原因のシステム停止のリスクは大変低くなっていますし、 PC端末上で動作するソフトウェアと比べても、OSアップデートによる中断もほぼございません。
また、インターネットにアクセスできる環境さえあれば、APPS PASSはどこにでも設置できます(提供エリアは日本国内のみとなっております)。

【ニュースリリース】TeamSpirit専用 ICカード・スマートタイムレコーダー『APPS PASS』の出荷が 20社 50台 3000枚(ICカード・ライセンス)を超えました。

ICカード・クラウドタイムレコーダー APPS-PASS
ICカード・スマートタイムレコーダー APPS PASS

株式会社アップス・アンド・パートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:花戸 俊介、以下アップス・アンド・パートナーズ)は、勤怠管理クラウドサービスTeamSpirit(株式会社チームスピリットが提供)専用のICカード・スマートタイムレコーダー『APPS PASS』の2018年1月1週目の出荷で、それぞれ20社、50台、3000枚を超えたことを発表しました。

 

これからも丁寧なキッティング、迅速なサポートを行って、皆様のお役に立てますようサービスの運営を行ってまいります。

 

APPS PASS製品紹介ページ

『APPS PASS』は、スマート・ソリューション・テクノロジー社製「ピットタッチ・プロ2」を端末として使用し、ユーザーがICカード等を端末にかざすことで、出退社打刻や休憩・外出時の打刻を行い、打刻データをTeamSpiritに自動連携することができます。

<株式会社アップス・アンド・パートナーズについて>

株式会社アップス・アンド・パートナーズは、Salesforce AppExchangeのクラウドサービス事業化支援に特化したビジネスコンサルティング企業で、2014年10月に設立されました。現在までの支援社数はsalesforce.com, Inc. 投資先企業を中心に10社を越え、支援先のクラウドサービスを日本国内だけでなく、シンガポール、中国、台湾などアジア地域での展開も支援しています。

http://apps-p.com/

 

 

<TeamSpiritについて>

TeamSpiritは800社、100,000人に利用されている勤怠管理/工数管理/経費精算/電子稟議をセールスフォースのクラウドで一体化したサービスです。「働き方改革」プラットフォーム のコンセプトのもと、面倒な事務作業を劇的に減らし、タイムレポートによるタイムマネジメントを実現することで社員の生産性を劇的に向上し、クラウドとモバイルの活用で時間と場所にとらわれない新しい働き方を実現します。
https://www.teamspirit.co.jp/

 

 

【本件に関するお問合せ先】

株式会社アップス・アンド・パートナーズ 担当 花戸(はなと)

TEL:03-6860-8278 e-mail: press@apps-p.com

 

*チームスピリット及びTeamSpiritは株式会社チームスピリットの登録商標です。
*Salesforce、Chatter、Sales Cloud、Service Cloud、Marketing Cloud、Salesforce Work.com、AppExchange、Salesforce Platform、および関連する全てのロゴは、salesforce.com,inc.の商標です。 
*ピットタッチは、株式会社スマート・ソリューション・テクノロジーの登録商標です。 
*その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。


APPS PASSが1周年を迎えました!

APPS PASSが1周年を迎えました!

昨年のSalesforce World Tour Tokyo 2016 のTeamSpirit様ブースでのデビューからちょうど1年が経ち、無事本日2年めを迎えることが出来ました。

1年目としましては、18 社様、47 台のスマート・タイムレコーダー(うち 9 台はSORACOM Air版)、2,859 枚のICカードでご活用いただきました。

チームスピリット コネクトアライアンスの皆様、営業、サポート、R&Dの皆様にたくさんの機会をいただき、この場をお借りしまして御礼を申し上げます。


とても楽しくあっという間の1年でした。本当にありがとうございます。

引き続き皆様のお役に立てますよう、サービスを運営して参りたく思います。

 

*追伸 来年こそは垂れ幕かケーキを用意したい!


日本とは少し違う、アメリカでの非接触IC型決済サービスの普及状況

SuicaやPasmo、そしてスマートフォンによる電子決済に代表される、非接触IC型決済サービスが急速に普及してきています。特に、国内で半数の市場シェアを占めるiPhoneが昨年秋にSuica対応(Apple Pay対応)したこともあり、利用者が増えています。

 

近所のコンビニ、スーパーへ、ドラッグストアの買い出しには、現金もクレジットカードも持たず、iPhoneだけを持っていくという話も良く聞きます。東京都内での生活に限って言えば、電車やバスでの移動、買い物、食事など、ほぼ丸1日を、スマホの電子決済で済ますことができます。

 

この最大のメリットは現金を持ち歩かずに済むことなのですが、それに加えて、レジでの面倒な現金支払やクレジットカードのサインの手間から解放される簡便さにありがたみを感じます。

 

このため、最近では、現金やクレジットカードしか対応していない店を避けて、Apple Pay対応店だけに好んで行くようにすらなっています。ただ、まだ大手チェーン店を中心に対応店の数は増えていますが、地方での普及はこれからのようです。

 

さて、こうした非接触IC型決済サービスですが、国によってその様相が異なります。

 

アメリカでは、早くからクレジットカード決済が普及していたため、決済端末が大半の店舗に置かれています。日本とは違い、自分でクレジットカードを決済端末に挿入してサインや暗証番号を入れて決済するDYI方式が主流です。

 

最近の端末にはクレジットカードに埋め込まれているICチップによる非接触IC型決済サービスに対応するようになっていて、その多くはApple Pay対応になっていて、iPhoneをかざして決済することができます。そして、非対応の旧型の端末がネットで大量に放出されていて、検索すると中古品が一台2000円前後で販売されています。

 

 

非接触IC型決済サービスに対応端末は、屋外での使用に適していると言えます。

 

自動車メーカーのFordが米国内で展開しているバイクシェア事業「GoBike」でも、非接触IC型決済サービスが採用されています。

右上の黒い突起部分が非接触IC型決済用

 

駐車場に設置されているこの電気自動車へのチャージ端末は、非接触IC型決済サービスのみ対応です。

電気自動車へのチャージ端末

 

屋外決済端末の代表例は、パーキングメーターですが、現金(コイン)とクレジットカードの対応が可能です。非接触IC型決済の端末は、これから普及が進むでしょう。

アメリカのパーキングメーター


一方、日本ですが、最新式のパーキングメーターもクレジットカード非対応で、現金、しかも100円玉のみの対応です。これでは不便です。

最新機器で100円玉のみの決済

 

さて、お隣の中国では、非接触IC型決済サービスではなくて、QRコードを採用したスマートフォンによる電子決済が急速に普及しています。こちらの話題は、本題からそれてしまいますので、いずれの機会にいたします。


<< | 2/4PAGES | >>

リンク

最近の投稿

カテゴリー

過去の投稿

このサイトを検索する