日本とは少し違う、アメリカでの非接触IC型決済サービスの普及状況

SuicaやPasmo、そしてスマートフォンによる電子決済に代表される、非接触IC型決済サービスが急速に普及してきています。特に、国内で半数の市場シェアを占めるiPhoneが昨年秋にSuica対応(Apple Pay対応)したこともあり、利用者が増えています。

 

近所のコンビニ、スーパーへ、ドラッグストアの買い出しには、現金もクレジットカードも持たず、iPhoneだけを持っていくという話も良く聞きます。東京都内での生活に限って言えば、電車やバスでの移動、買い物、食事など、ほぼ丸1日を、スマホの電子決済で済ますことができます。

 

この最大のメリットは現金を持ち歩かずに済むことなのですが、それに加えて、レジでの面倒な現金支払やクレジットカードのサインの手間から解放される簡便さにありがたみを感じます。

 

このため、最近では、現金やクレジットカードしか対応していない店を避けて、Apple Pay対応店だけに好んで行くようにすらなっています。ただ、まだ大手チェーン店を中心に対応店の数は増えていますが、地方での普及はこれからのようです。

 

さて、こうした非接触IC型決済サービスですが、国によってその様相が異なります。

 

アメリカでは、早くからクレジットカード決済が普及していたため、決済端末が大半の店舗に置かれています。日本とは違い、自分でクレジットカードを決済端末に挿入してサインや暗証番号を入れて決済するDYI方式が主流です。

 

最近の端末にはクレジットカードに埋め込まれているICチップによる非接触IC型決済サービスに対応するようになっていて、その多くはApple Pay対応になっていて、iPhoneをかざして決済することができます。そして、非対応の旧型の端末がネットで大量に放出されていて、検索すると中古品が一台2000円前後で販売されています。

 

 

非接触IC型決済サービスに対応端末は、屋外での使用に適していると言えます。

 

自動車メーカーのFordが米国内で展開しているバイクシェア事業「GoBike」でも、非接触IC型決済サービスが採用されています。

右上の黒い突起部分が非接触IC型決済用

 

駐車場に設置されているこの電気自動車へのチャージ端末は、非接触IC型決済サービスのみ対応です。

電気自動車へのチャージ端末

 

屋外決済端末の代表例は、パーキングメーターですが、現金(コイン)とクレジットカードの対応が可能です。非接触IC型決済の端末は、これから普及が進むでしょう。

アメリカのパーキングメーター


一方、日本ですが、最新式のパーキングメーターもクレジットカード非対応で、現金、しかも100円玉のみの対応です。これでは不便です。

最新機器で100円玉のみの決済

 

さて、お隣の中国では、非接触IC型決済サービスではなくて、QRコードを採用したスマートフォンによる電子決済が急速に普及しています。こちらの話題は、本題からそれてしまいますので、いずれの機会にいたします。


【ニュースリリース】株式会社フレクト様のAPPS PASS設置事例が公開されました。

株式会社フレクト様のTeamSpirit導入の中で、当社APPS PASSをご採用いただき、その設置事例が公開されました。

 

”創業当初から、コアバリューにワークライフバランスを掲げ、従業員にとってヘルシーな労働環境になるよう気を使いながら、順調にビジネスを成長させてきた。しかし、従業員が増え、価値観やライフステージが多様化する中で、自社開発の勤怠労務管理システムは限界を迎えつつあった。”(チームスピリット様導入事例ページ「導入前の課題」より)
そんなフレクト様が勤怠労務管理のステージアップを3ヶ月で完遂された大変興味深いお取り組みです。
ぜひ導入事例を御覧ください。
https://www.teamspirit.co.jp/case/flect.html (チームスピリット様のページにリンクします)

【働き方コラム】 第三回「何をしたかが全てだ」

こんにちは。トーマスワンです。


3回目はシリコンバレーの会社の「働き方」と「評価」について説明します。

 

会社にいる時間が短いのですが、日本の会社での社員の働き方と比べて、集中度が高いように私は感じます。

 

朝出社する私の同僚達は、無駄話もせずに一心不乱に仕事に打ち込みます。ランチタイムは気の合った仲間とカフェテリアで世間話に花を咲かせてリラックスしますが、午後の時間も再び集中して仕事に取り組みます。

 

もう一つ、会議の進め方も日本とは違います。よく言われているとおり、会議は日本的な合意形成では無くてディスカッションです。印刷物は配布されず、スライドをベースに意見を積極的に出し合い、ほぼ1時間以内に結論を出して、業務担当を割り振ります。ダラダラと続く会議は一切なく、大変効率的です。

会議のスタイルも至ってカジュアルかつ議論に徹する

 

 

そして、夕方には「See you guys!」と言って帰っていきます。

 

退社したら今日の仕事はそれでお終いなのではなく、午後9時以降や翌朝7時過ぎなど、自宅にいる時間でもメールのチェックはしているようで、急ぎの仕事が発生すると、タイムリーに処理を行ってくれます。そこには、プロ意識が根底に流れているのでしょう。

 

私のボスが、「私は働く時間はまったく関心が無く、何をしたかが全てだ」と入社時に説明してくれたのですが、そう言われると、「仕事を頑張っているように見せる」気遣いは無意味ですので、否が応でも自らのアプトプットを意識せざるを得ません。そして、同僚達のように、自分の成果のために集中的に時間を使うようになるのでしょう。

 

こうしたシリコンバレーの働き方は、プロ意識が高く、仕事で成果を出して成功したいという意欲に溢れる人を惹きつけます。全米からだけでは無く、全世界からです。それに比べると、日本企業には、優れた人材を世界から集める魅力に乏しく感じてしまいます。

 

これまで、どちらかといえばシリコンバレーの良いところにフォーカスを当てて書いてきましたが、次回は、そうばかりではない事情に触れていきたいと思っています。

 

See you guys!


ITpro EXPO 2017「働き方改革2017」展 SORACOMブースに出展しました!

代表の花戸です。

10月11日〜13日に開催されましたITpro EXPO 2017「働き方改革2017」展で、 株式会社ソラコム様のブースにTeamSpiritとAPPS PASSを共同出展いたしました!

#追記 チームスピリット様のBLOGにもご掲載いただきました!!

今回は8月にリリースさせていただいたSORACOM対応版をご紹介しました。

SORACOM対応版の特徴はパネルのとおり、 

「農場でも打刻!」

「工事現場でも打刻!」

「派遣先でも打刻!」

とネットワークの取りづらいところでも使えるところで、

 

特に工場や現場、派遣会社のご担当の皆様にご興味をいただき、またネットワーク設定の厳しい外資系のお客様からもご興味いただきました。

 

もちろんネットワークの設定いらず、という点では、今回の展示会のように電源を入れればすぐに使える!というシステム管理者にとっての魅力もございます。

SORACOM版のトライアル機のご用意もございますので、お気軽にお問い合わせください!

TeamSpiritの皆様もありがとうございました!

【働き方コラム】 第二回「お先に失礼しません?」

こんにちは。トーマスワンです。


2回目は日本の会社とシリコンバレーの会社とでの「働き方」の違いを説明しましょう。

 

私の職場にはタイムカードはありません。出勤簿もありません。始業と終業の時刻がきっちりと決まっているわけではなく、出勤と退社の時間はそれぞれの社員の判断に委ねられています。

 

オフィスには朝8時前から社員が来はじめ、9時前後が出社のピークとなります。10時を回ってから出社する社員も結構います。退社は午後3時半くらいから始まります。4時半から5時過ぎが退社のピークとなり、午後6時を過ぎるとオフィスに残っている人はごくわずかです。「えっ、そんなに早いの?!」とビックリするでしょう。同僚には共稼ぎも多く、子供達の学校の送り迎えをするために、早い時刻で退社せざるを得ないのです。

 

そして、シリコンバレーの通勤の大半がマイカーなので、通勤渋滞は半端ではありません。昼間なら20〜30分で行けるところも、ラッシュ時は1時間以上かかってしまうこともごく普通です。これを避けるために、時差通勤が推奨されていることも、このような柔軟な出退勤になっている理由の1つでしょう。

シリコンバレーはクルマ社会

 

また、家族の看病のため、悪天候のためなど、様々な理由によって、WFH(Work from Home)、いわゆる自宅勤務も本人の判断で適宜することもできます。とりわけIT企業の場合は、PCとネット環境さえあれば、どこにいても仕事ができるため、こうした柔軟性が実現しています。

 

このように、シリコンバレーは、会社によって多少の差はありますが、一般的な日本企業と比べると、会社にいる時間はかなり短いです。自分が他人よりも先に帰ったりすることに対する、日本特有の?「後ろめたさ」「申し訳なさ」は、シリコンバレーでは全くありません。「お先に失礼します」ではなく「See you guys!」です。社員にはそれぞれの事情があって、尊重されるべきだし、失礼ではないのです。

 

では、皆がさっさと帰ってしまって、一体仕事はどのように進めて、どのように評価をされているのでしょうか?

 

次回はこの辺りをご説明いたします。
See you guys!


【ニュースリリース】株式会社インフォバーングループ本社様のAPPS PASS設置事例が公開されました。

株式会社インフォバーングループ本社様のTeamSpirit導入の中で、当社APPS PASSをご採用いただき、その設置事例が公開されました。

株式会社インフォバーングループ本社様が推進されている長時間労働の是正と給与減少回避を両立するために創設された「リア充手当」は大変興味深いお取り組みです。

ぜひ導入事例を御覧ください。

https://www.teamspirit.co.jp/case/infobahn.html
(チームスピリット様のページにリンクします)


Suicaだけで6400万枚 −−− 日本で普及する非接触型ICカードとは

2016年10月に新型のiPhoneが、JR東日本のSuicaに対応して話題になりました。そこで、Suicaに代表される非接触型のICカードについて簡単に説明しましょう。


首都圏ではSuicaやPasmo、近畿圏ではICOCAなどの名称で非接触型ICカードが利用されています。小銭がいらない、改札口で待たされない、定期券やクレジットカード機能も併用できる、買い物の決済に利用できるなど、大変便利です。

 

非接触ICカードは、利用者だけではなく、鉄道会社にとっても恩恵があります。ラッシュアワーに対応する改札業務の高速化と効率化、売上げ管理のシステム化、公平な運賃負担(キセル乗車の防止)が実現するなど、そのメリットは大きいです。

このため、JR東日本のSuicaだけでも発行枚数が6400万枚に迫る(2017年3月末に6,398万枚;JR東日本発表)勢いです。

【動作の仕組み】
このように普及している非接触型のICカード。一体どのような仕組みで動作しているのでしょうか。

 

カードにはソニーが開発した「FeliCa」の技術が用いられています。中にはICチップがあり、そのまわりを渦巻き状のコイルが囲んでいます。カードを改札機などのカードリーダー部分にかざすと、そこから出ている電波を受信し、コイルがアンテナとして作動して弱い電流が発生し、ICを起動します。そしてICに埋め込まれたプログラムが動作し、ICに記憶されている乗車駅情報や定期券情報、残高情報などを返信し、また最新の状態に書き換えます。

 

このように、カードは記憶装置付きの無線機のように動作します。コイルを通じて電流が発生するため、電池が不要ですし、磁気カードのように近くに強い磁石があると情報が失われてしまう心配もありません。もちろん、こうした情報は暗号化されていて、流出する心配はほとんどありません。


【日本はここでもガラパゴス?】
日本ではすっかり定着しているFeliCa技術によるICカードは、残念ながら日本以外では香港やインドネシアのジャカルタなどアジアの交通機関の一部で採用されている程度に過ぎません。世界標準はMifare(マイフェア)と呼ばれる規格で、ISO/IEC14443TypeAとして標準化されています。近隣諸国ではソウル、北京の公共交通機関もこちらの方式が採用されています。

シンガポールの地下鉄で使用されている非接触型ICカード
(導入当初はFeliCa形式だったが、その後Mifare形式に変更された)

 

こうなってしまった最大の理由はカード1枚あたりのコストにあると言われています。FeliCaは、日本の殺人的なラッシュアワーの処理スピードに対応するために、ICの動作周波数を高めるなど、性能を上げた結果、1枚あたりのコストが高くなっています。一方、Mifareは処理スピードはFeliCaには劣るものの、コストは低いために普及しやすいのです。


【広がる非接触ICカードの用途】
非接触ICカードは、交通系だけでなく、利便性と安全性を活かして、楽天Edy、nanaco、WAONなどの電子マネーとしても幅広く採用されています。さらに、学生証や社員証にも使われるなど、用途が広がっています。

 

最近では、1枚のSuicaをオフィスの入退出記録と業務交通費精算に使うなど、面倒なバックオフィス業務を自動化する例も出てきています。今後は業務領域での活用が進むでしょう。

 


【ニュースリリース】TeamSpirit専用 ICカード・クラウドタイムレコーダー『APPS PASS』がSORACOM AirのSIM対応により、ネットワーク設定が不要に

 

 

 

 

株式会社アップス・アンド・パートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:花戸 俊介、以下アップス・アンド・パートナーズ)は、勤怠管理クラウドサービスTeamSpirit(株式会社チームスピリットが提供)専用のICカード・クラウドタイムレコーダー『APPS PASS』を、「SORACOM Air for セルラー」(株式会社ソラコムが提供するデータ通信SIM)に対応し、出荷を開始したことを発表しました。

 

これにより、ネットワーク設定が不要になり、派遣先・作業現場など、LAN/WiFi環境の整備が難しい現場(もしくは事業所)や、ネットワーク管理部門が海外などで、自社のLAN/WiFi環境にタイムレコーダーを接続することが難しい企業にも『APPS PASS』を活用していただけるようになりました。実際、この「SORACOM Air」対応の新サービスについては、すでに外資系企業での先行利用もスタートしており、4箇所の事業所で運用されています。

 

また同日アップス・アンド・パートナーズは株式会社ソラコムのパートナープログラム、「SORACOMパートナースペース」にてSPS認定済パートナーとして承認されましたことを発表しました。
アップス・アンド・パートナーズでは本サービスを通じて、1年間で50社のサービス導入を目指します。

 

 

【株式会社チームスピリットのエンドースメント】

代表取締役社長 荻島 浩司 様


チームスピリットは、「SORACOM Air」対応『APPS PASS』の販売開始を歓迎します。「働き方改革」の推進には様々なアプローチがありますが、先ずは働く時間を正確に記録することが何よりも重要です。今回、『APPS PASS』が「SORACOM Air」対応したことによって、『APPS PASS』の設置場所の制限がなくなり、いままで以上に導入が迅速簡単となることで、TeamSpiritを使って働き方の可視化をされるお客様のメリットがさらに高まりました。チームスピリットでは、今後もアップス・アンド・パートナーズと連携し、「APPS PASS」と「TeamSpirit」の機能強化を図りながら、「働き方改革」を推進してまいります。」

 

 

【株式会社ソラコムのエンドースメント】

代表取締役社長 玉川 憲 様


この度のアップス・アンド・パートナーズ様の勤怠専門タイムレコーダー『APPS PASS』の「SORACOM」対応を心より歓迎します。
ソラコムの提供する「SORACOM Air for セルラー」は、デバイスにデータ通信SIMカードを挿すだけで通信を開始することができ、通信設備の敷設なしで、スマートフォンと同じ3G/LTE回線を用いてデータをクラウドサービスに送信することができます。
本取組により、勤怠管理ソリューション『APPS PASS』の活用範囲を拡げ、さらにはクラウド上の「TeamSpirit」への連携により、お客様企業における一層の職場の見える化や生産性向上に貢献するものと大いに期待しています。

 

 

APPS PASS製品紹介ページ

『APPS PASS』は、スマート・ソリューション・テクノロジー社製「ピットタッチ・プロ2」を端末として使用し、ユーザーがICカード等を端末にかざすことで、出退社打刻や休憩・外出時の打刻を行い、打刻データをTeamSpiritに自動連携することができます。

 

ICカード・クラウドタイムレコーダー APPS-PASS
ICカード・クラウドタイムレコーダー APPS PASS
SORACOM Air対応
SORACOM Airをケース内部に設置

<株式会社アップス・アンド・パートナーズについて>

株式会社アップス・アンド・パートナーズは、Salesforce AppExchangeのクラウドサービス事業化支援に特化したビジネスコンサルティング企業で、2014年10月に設立されました。現在までの支援社数はsalesforce.com, Inc. 投資先企業を中心に10社を越え、支援先のクラウドサービスを日本国内だけでなく、シンガポール、中国、台湾などアジア地域での展開も支援しています。

http://apps-p.com/

 

 

<TeamSpiritについて>

TeamSpiritは700社、80,000人に利用されている勤怠管理/工数管理/経費精算/電子稟議をセールスフォースのクラウドで一体化したサービスです。「働き方改革」プラットフォーム のコンセプトのもと、面倒な事務作業を劇的に減らし、タイムレポートによるタイムマネジメントを実現することで社員の生産性を劇的に向上し、クラウドとモバイルの活用で時間と場所にとらわれない新しい働き方を実現します。
https://www.teamspirit.co.jp/

 

 

【本件に関するお問合せ先】

株式会社アップス・アンド・パートナーズ 担当 花戸(はなと)

TEL:03-6860-8278 e-mail: press@apps-p.com

 

*チームスピリット及びTeamSpiritは株式会社チームスピリットの登録商標です。
*Salesforce、Chatter、Sales Cloud、Service Cloud、Marketing Cloud、Salesforce Work.com、AppExchange、Salesforce Platform、および関連する全てのロゴは、salesforce.com,inc.の商標です。 
*ピットタッチは、株式会社スマート・ソリューション・テクノロジーの登録商標です。 
*その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。

 


【テクノロジー】タイムレコーダーはどうやって正確な時刻を得ているの?

APPS PASS周りのテクノロジーをわかりやすく解説していきます。第1回目として、タイムレコーダーに必須の「時刻」についてを採り上げます。

 

勤怠管理ではタイムレコーダーによる出退勤の記録が広く行われています。その際、正確な時刻とのズレがあると、何かと困ることになります。

 

タイムレコーダーは丈夫で滅多に壊れることがないため、10年以上使い続けているものが沢山あります。そういう古いタイムレコーダーは、時計に水晶発振子を採用していて、1ヶ月もたてば数十秒ずれていってしまいます。わずかな時刻のずれでも「始業時刻」に間に合う、間に合わないは、勤怠管理上は問題になります。

 

大規模なオフィス、工場や店舗などでは、タイムレコーダーが部署やフロア毎に複数設置されることがあります。公平さを期すために、従業員にとっても、会社としても、すべてのタイムレコーダーが正確な時刻を表示して欲しいものです。

 

最近のタイムレコーダーは正確な時刻を表示するものが多数あり、そういう問題もかなり解消されてきています。そこで、タイムレコーダーがどうやって正確な時刻を得るのかについて、代表的な二つの方法を説明しましょう。

 

【標準電波】
「電波時計」という呼び方はここ10年余りで広く知られるようになりました。最近では1000円前後の普及価格帯の置き時計にも採用されるようになり、生活の中に溶け込みつつあります。

 

電波時計は「標準電波」という正確な時刻を知らせる電波を1日に1回受信して、時刻情報を時計に反映させます。標準電波は世界各地から発信されていますが、日本の場合はJJYという名称で、福島県と、九州の福岡県と佐賀県との県境の2箇所の送信設備から、それぞれ40kHzと60kHzという長波(中波のAMラジオ放送よりも低い周波数)で24時間発信されています。出力は50kWで、中波のラジオ放送局並みの強さです。この電波は地表を伝って1000キロ以上まで伝わりますので、日本の場合小笠原諸島など一部を除けば、この2箇所からの電波のみで全国カバーできます。ちなみに、標準電波の受信には料金は発生しません。

 

(参考)JJYについて(ウィキペディア)

現在では電波時計を備えたタイムレコーダーが多数販売されています。ただ、建物の奥や地下空間では電波が届かないこともあり、そうした場合は正確な時刻を得ることができず、ズレてしまうことになります。

 

【NTPサーバ】
コンピュータの内部時計に、タイムゾーンの違い、時刻のズレがあると、異なるコンピュータ感のファイルの同期などに伴う新旧比較で齟齬を来す場合が発生します。それを避ける仕組みとして考案されたのが、インターネットを介して正確な時刻を提供するNTP(Network Time Protocol)サーバです。

(参考)NTPについて(ウィキペディア)

 

NTPサーバは世界各地に設置され、世界標準時(UTC)で時刻を発信しています。どこのNTPサーバにアクセスしてもかまいませんし、アクセスすること自体に料金はかかりません。日本では日本標準時を提供しているNICT(独立行政法人情報通信研究機構)や、東京天文台、あるいは主要なインターネットプロバイダなどが提供しています。スマートフォンの時計はNTPサーバと同期していますので、大変正確です。

 

最新のタイムレコーダーでは、NTPサーバにアクセスする機能を持ったものが出てきています。タイムレコーダーから定期的にNTPサーバに問い合わせ、その時刻情報を反映させます。APPS PASSのタイムレコーダーもNTPサーバを使っていて、常に正確な時刻を知ることができます。

 

この方式のメリットは、標準電波が届かない場所に設置しても、インターネットさえつながる環境であれば、常時正確な時刻を認識できることです。最近は、勤怠管理のクラウド化、勤怠状況のリアルタイム可視化が普及し始めており、インターネットにつながる環境を手に入れることは、以前ほど困難ではなくなりました。今後はこちらの方式の方が主流になっていくと思われます。


 

 


【働き方コラム】 第一回「イノベーションの原動力は多様性」

初めまして。トーマス ワンです。


日本の会社勤務を経て現在シリコンバレーの大手IT企業で働いています。

日本とシリコンバレーの両方を体験する1人として、働き方に関する文化の違いや、それぞれの良いところ、そうでないところなどを紹介していきます。

 

第1回目として採り上げたいのは、多様性です。

 

日本の企業とシリコンバレーの企業との決定的な違いは、まずここにあります。

 

日本の企業の場合は、大企業でもスタートアップであっても、メンバーの同質性、身内意識を前提とした組織運営がなされることが多いでしょう。常に周りの状況に目を配り、目立ちすぎないように、丸く収まるように、失礼にならないようにという意識が働きます。世の中を変革すると標榜するスタートアップでも、同質化へのベクトルは働いていると感じます。

 

広い意味での身内意識は、それが良い方に働くと日本ならではのきめ細かな製品やサービスの提供に結びつきます。ただ、それは日本社会に最適化(ガラパゴス化)していることが多く、日本以外の市場では特長があまり評価されません。

 

一方、シリコンバレーのIT企業は、出身地、人種、バックグラウンド、性別、年齢などが様々です。最近話題になっている移民問題ですが、私の勤務している会社の社員の半数以上が移民かその子供です。移民を排除したら事業が成り立ちません。

 

Google、Apple、FacebookそしてAmazonを産んだ、アメリカが持っているイノベーションの原動力は、多様性の受容というカルチャーにあると私は思います。多様性の中では、同質性を求めてその箱の中に押し込むのでは無く、多くの人が共感する大きなビジョンを共有します。そして、その実現に向かって、それぞれのバックグランドを最大限に活用する方が、大きな成果が上がるはずだというロジックです。

 

ダーウィンの進化論では、生き残るのは変化に対応できる種であるとされていますが、私にはシリコンバレーの方がそうした柔軟性が高いと思います。

 

それでは、今回はこのあたりで。
See you guys!


| 1/2PAGES | >>

リンク

最近の投稿

カテゴリー

過去の投稿

このサイトを検索する